【探偵アンケートその2】浮気調査の費用とその捻出方法は?

前回のアンケートでは探偵浮気調査で証拠が取れたらどのような行動を起こすかを調査しましたが、今回は3日間の浮気調査で証拠が取れなかった場合について聞いてみました。

もし3日間浮気調査をしたとして、証拠が取れなかったらどうしますか

アンケート3
ここでは浮気の調査が3日間という点が、見解が分かれるるポイントとなりました。3日程度の調査期間では浮気の証拠は取れないだろう、その3日間に浮気しなかったからといって、浮気はなかったと言い切れない、と考える人は再調査を申し込むようです。予算等も考慮し、1週間程度は調べてほしいとの意見が多かったです。

一方、3日で浮気の証拠が取れなければ、一旦そこで納得(もしくは諦め)、しばらくは相手の様子をうかがい(泳がせ)、再び浮気の疑いが濃くなってきたら再び浮気調査を依頼するという方が2割いました。管理人も「一度泳がせ、タイミングを見計らい再調査派」です。現実的な作戦だと思います。

コメント紹介

調査の延長をし白か黒かはっきりするまで調査をする。煙がないところに火は立たず。3日の調査を一週間までのばしそれでも証拠を取れない場合はことのほとぼりが冷めた頃にもう一度調査をする 【42歳・自営業】

もっとピンポイントで、例えば自分が出張に行く日を事前に伝えておき、その辺りを集中的に調査してもらう。疑わしい場合はトラップを仕掛けると思います 【29歳・会社員】

3日間だけだと短すぎると思います。せめて週末を含む1週間は調査を続けてもらうと思います。やるなら納得するまでやりたいです【48歳・主婦】

間をおいてから再度調査をする。特にクリスマスやホワイトデーなどの時期に、怪しげな気配があったら、日時を限定して再調査を依頼する【35歳・主婦】

その場では浮気はないと諦めるが、毎日の行動や言動を気をつけて観察し、少しでも怪しい行動や言動があった場合まずは自分で調べてみる【29歳・パート】

プロに調べてもらって証拠が取れなければ、浮気がなかったものとして受け入れる。、妻を信用できなかったことを反省し、改めて夫婦の絆を深めていく努力をする 【43歳・公務員】

探偵に浮気調査を依頼をするとしたら予算はいくらまでなら出せますか?

探偵に浮気調査を依頼すると費用はいくらかかるのか、普段探偵に縁のない人にとっては想像もつかないことでしょう。でも、なんとなく「高そう」と予測は出来ますよね。実際の調査費用は探偵会社によってまちまちです。探偵や興信所ごとに料金システムが違いますし、依頼人の状況やどこまで調べてほしいのかにもよって、料金に差が出てきます。

正確な費用が知りたければ、探偵会社に問い合わせをし見積もりを出してもらうのが一番ですが、今日は逆(依頼人側)の視点でいくらまでなら出せるのかを調べてみました。
アンケート4
浮気調査に支払い可能な予算は10万円以下が半分弱を占める結果となりました。やはり、予想外の出費であることと、自分の配偶者に内緒で使える現金となると、そう多くは用意できないものですね。

現実を考えると10万円以下で浮気調査をしてくれる探偵社はあるか微妙なところです。探偵のホームページには「安い」「低価格」と書いてあっても、追加料金が発生することもあります。安いからと言って、安易に飛びつかないように注意しましょう。

一方で、20万円出せるという方も3割いました。20万まで予算枠を広げれば、対応してくれる探偵社も増えてくるでしょう。50~100万出せば、大手の探偵会社で綿密な調査が期待できそうですね。

探偵の浮気調査費用はどこから捻出しますか

配偶者にばれないよう、浮気調査の費用をねん出するのは簡単ではありませんね。しかし、いざと言うときはその費用をどこから捻出するのか興味があります。そこで、お金の出所について調査してみました。
アンケート5
管理人の予想通り、探偵の調査費用は自分の預貯金やヘソクリから捻出する人が約半数近くを占めました。自分のヘソクリからは10万が精一杯、と言う人が多いのもうなずけますね。

次に多かったのは配偶者の預貯金から費用を捻出するとの回答です。配偶者が家計に無関心なら、配偶者の預貯金から探偵への支払いが可能ですね。家計は奥さんに任せっぱなしで、自分のうちの総貯蓄額が一体いくらなのか把握してない旦那さんも多いのではないでしょうか。

その他には、パートやバイトを増やしてお金をためてから調査を依頼する人、借金して調査を依頼する人、と続きました。家計が厳しい中どうにかやり繰りしたお金で浮気調査を依頼するのですから、間違いのない探偵さんを選びたいものですね。

ズバリ、探偵のイメージは?

探偵に抱くイメージは人によってまちまちです。何となく怖い、騙されそう、と言うイメージを持つ人が多い一方で、アニメやドラマの影響から、「正義のヒーロー」とプラスのイメージを持つ人まで様々です。一般の人が探偵と言う世界にどのようなイメージを持っているのか、聞いてみました。

コメント紹介

ちょっと怖いイメージがあります。調査はすごい金額がかかってしまうそうで不安です。旦那が浮気をしていることを周りに話したくないので、ネットの情報だけが頼りです。ただ、ネットの口コミもどこまで信用できるのかが分からず不安です 【38歳・主婦】

テレビや小説ではよく見るものの、実際に存在することが知識として知ってはいてもあまり実感がわかない。イメージだけでいうならば華々しい活躍をする正義のヒーローに近いものだが、それと同じくらい実は暗い裏家業ではないかというイメージもつきまとう【39歳・会社員】

ドラマや映画では格好良い探偵も出て来ますが、以前ストーカーの事件で探偵に依頼して被害者の所在を探し出したというニュースを見てからは、依頼されたからといって調査をしてしまうと場合によっては大変な事件の引き金になることもある職業だなと感じています 【45歳・主婦】

多少の抵抗はあるが、ここ数年はテレビなどでも活躍しているのを見ているので、いざというときには頼りになる存在だと思う。ただし現在はたくさんの探偵会社があり、悪徳探偵もたくさんいるように思うので、信用できる探偵見つけるのは難しいと思う【41歳・パート主婦】

両極端の二つのイメージを持つ。以前テレビで、元警官が辛抱強く尾行をしていたが、探偵は忍耐力やとっさの判断力を要する大変な職業。一方で、お金の為なら法律すれすれのような調査を平気でしたり、反社会的な人間もいるのではないかと思う【43歳・公務員】

浮気疑惑から確信に傾いた時、あなたは探偵を利用するつもりはありますか?

探偵のイメージを聞いてみると、やはりマイナスイメージを持つ人が多くいました。でも、本当に困ったときは藁にもすがる思いで利用してみるかも、と言う回答も得られました。

そこで、あなたの配偶者が浮気疑惑がほぼほぼクロなのではと確信をもった時に、現実問題として探偵に調査を依頼するか、聞いてみました。
アンケート6
結果は、ちょうど半々でした。どのようなコメントが多いのか聞いてみましょう。

コメント紹介

【利用します】浮気が発覚したら離婚と決めていますので、ある程度のところまで自力でつめて、まちがいないだろうと確信できる状態になってから、探偵を利用すると思います。浮気しているかいないかではなく、法的手段にでるための証拠を確立するために利用することになるでしょう。そのためにも、有能な探偵であることが、利用させていただく条件になると思います【41歳・パート主婦】

【利用します】証拠がない状態で、夫に浮気を問い質しても夫が浮気を否定し続けた場合、浮気を疑いながら家庭がどんどん崩壊するのを黙ってみているのは自分も辛い。また、我が家は7歳、5歳、2歳の幼児含め3人の子供がいるので、証拠があった方が慰謝料や養育費の交渉が有利に進むと思う。相手の素性などもはっきりしていれば、相手に対しても慰謝料が取れると思う。子供たちの為にも確実な交渉をしたい【34歳・主婦】

【利用します】何故かと言うと、私は妻が浮気をしたら、離婚一択と考えるからです。離婚を確実に行うためには、浮気をしているという証拠をつかむことが重要であると考えています。証拠があればこちらが有利な条件で離婚話しを進められるし、場合によっては離婚調停に使うことも考えています。【39歳・会社員】

【利用しません】私の主人は、比較的隠し事が出来ないタイプです。というか、嘘を付くことが下手すぎるので私が見抜けないという可能性は低いと思っています。また、いちいちスマートフォンでのやり取りなども消すような人ではないので、パスワードも知っているし証拠を押さえる事は比較的容易ではないかと思っています。また、レシートなども無造作にバッグや財布にしまっているので、いつもどこで食事をしていたかなどが丸わかりなので大丈夫です【39歳・会社員】

【利用しません】今の彼の経済力(収入)では証拠をつきつけて離婚になったとしても、私が満足するような慰謝料を取れないと思ったからです。だったら少しでもお金を貯めて自分の取り分(財産分与?)を多くしたいです。それ以前に浮気調査をお願いする程の情熱さえもその時の私に残っているかどうか怪しいのが本音です。【27歳・主婦】

【利用しません】妻が浮気していても、遊びの浮気なら妻の気持ちが家庭に戻るまで待ちます。浮気調査をしてしまったら再構築が難しくなると思います。妻と子どもを愛していますし、自分の手で家庭を壊す勇気はありません【35歳・会社員】

まとめ

探偵についてアンケートを取ってきましたが、当然のことながらそれぞれの立場によって意見が大きく別れることになりました。

配偶者が浮気しても、愛情があり別れたくない人、経済的な理由や世間体から別れられない人、もう二度と顔を見たくないと離婚一択の人と、さまざまですね。離婚するために探偵を使う人、配偶者を取り戻すために探偵を利用する人、と探偵の使い方にも二通りありますが、どちらにしても白黒ハッキリさせるためには探偵を賢く利用するのは「あり」だと管理人は考えます。

貴重なお金を差し出すのですから、探偵選びは慎重に行いたいものですね。