主人の浮気旅行をフェイスブックで発見。あまりのショックで震え、泣けてくる

先日、ふとしたきっかけで主人の浮気を見つけてしまいました。私たち夫婦は2人ともSNSには縁がなかったのですが、妹に「小学校時代の友達と再会できたよ」と勧められたのをきっかけに、自分のフェイスブックアカウントを作ってみることにしました。

主人がいつのまにか始めていたフェイスブック。そこにラブラブ旅行の投稿が

すると、主人との共通の恩師への友人承認にOKをもらったタイミングで、主人の名前が「知り合いではありませんか?」と候補に挙がってきたのです。「いつのまにフェイスブックを始めていたんだろう?」と少し驚きました。

本当に主人なのかプロフィールを確認してみると、出身校や、居住地、年齢など全て一致。間違いなく本人だと確信が持てたので、タイムラインを見てみました。趣味の釣りについて新しく買った釣り竿や、ルアーについての感想、仕事のちょっとした愚痴などが書いてありました。

加えて「嫁と久しぶりにラブラブ旅行~」との投稿が。私は主人と旅行になど行った記憶はありません。この時点であまりのショックに、ブルブルと体が震えてしまいました。画像は、主人や旅行の相手は写っていません。温泉だとか、料理、入った店、お土産が写っていました。

仕事の出張と嘘をついていた主人。誰かと温泉旅行を楽しんでいたなんて…

画像に加え、主人が「どのお土産もたくさんあるので、どれを買おうか迷います」と書いてありました。実は、先月主人は仕事のため2泊3日で出張に出かけていたのです。お土産に買ってきたお菓子は、その旅行先で人気のものでした。

主人は「こういうお菓子、好きだろ?」と私に優しく接してくれたと思っていたのに、嘘をついて平気な顔をしていたなんて・・とメソメソと泣いてしまいました。

投稿に対して、主人の友人達からはたくさんの「イイネ!」が押され「いいな~夫婦で旅行とか何年も行ってない羨ましいわ」「楽しんでこいよ!」など温かいコメントがついており、何とも言えない疎外感を感じました。

主人は「後輩の女性と肉体関係は無い」と主張するが、確かめる術もなく辛い

主人の帰宅後、夕飯の支度もできずただメソメソと泣いている私に驚いている主人に事情を話すと「後輩の女の子が失恋で落ち込んでいたから、慰めたくて思わずこういうことをしてしまった。でも神に誓って肉体関係は無い」と言い張るのです。

主人の言うことなんて、とても信用できませんでした。しかしすぐにスマホもフェイスブックのメッセージも見せてくれました。確かに「好き」「愛してる」といった決定的な文言は見つからなかったし、女の子に対しても敬語を使っています。

でも、肝心なメールは事前に消去している可能性だってあるし、実際に旅行先で何も無かったかなんて調べようがありません。そもそも嘘をついて相部屋で旅行に行っている時点で、これは浮気以外の何物でもありません。

本当に辛くてもやもやしていますが、今後はその後輩の女の子とは二度と会わないと主人は言ってくれているので、許そうか迷っているところです。